節分 鬼も福も内 瞑想で至福意識を

0

    今日、2月3日は節分ですね。季節を分ける日です。立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日が本来節分ですが、日本では立春が1年のはじめとして尊ばれ、春の節分のみを指すようになったそうです。
     
    したがって、節分は大晦日ということになります。平安時代の宮中では、この日に陰陽師により厄払いの行事が行われていたといいます。豆をまいて悪鬼を追い出す行事になったのは室町時代からで、そこから民間にも広がったと言います。

    豆まきは、中国由来といいます。鞍馬の鬼の目に、毘沙門天のお告げから、大豆を目に投げ退治できたという言い伝えから、豆は魔滅(まめ)となり、魔(無病息災)を滅するとのこと。

    豆は炒った豆でないと、残っていた豆から芽がて縁起が悪いといいます。「炒る」が「射る」にも通じるようです。さらに、鬼や大豆は陰陽五行説の「金」であり、「火」により滅せられといいます。大豆を火で炒り、また食べれば鬼退治になるわけです。

    ただ悲しいことに、鬼は平安時代ごろ支配者である貴族である弥生人は、被支配者として虐げられた縄文人の顔を鬼の顔に描いたようです。

    節分に食べるという、恵方巻きには諸説あり、起源について確定できないようです。江戸末期の大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの「幸運巻寿司」の習慣説、江戸末期〜明治初期の大阪の商人の商売繁盛の祈願事説、大阪近郊の若男女が集まり巻寿司を切り分ける手間を省くために丸かぶりをしたことから説、花魁(おいらん)が海苔巻きを男性のシンボルに見立てて食べたことから説、などなど。

    「鬼は外、福は内」などと豆をまきますが、鬼も福も本当は自分の中の二面性でしょうね。内面が至福であれば、外の世界は平和な世界となります。原因は内側にあるのです。

    瞑想は、アーナンダ・マヤ・コーシャ(至福の鞘)と呼ばれる、至福意識を経験する技術です。至福意識が確立されるとき、人は、調和的な行動をとり、平和な影響を生み出すことでしょう。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ヴェーダセンター


    サイト内検索

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    clock

    Link

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    Concise Sanskrit-English Dictionary
    Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

    「サンスクリット−英語」ポケット辞書

    recommend

    A Sanskrit-English Dictionary
    A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
    M.Monier- Williams
    MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

    recommend

    The Practical Sanskrit-English Dictionary
    The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
    Vaman Shivram
    APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

    recommend

    Students English Sanskrit Dictionary
    Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
    V. S. Apte
    APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    基本梵英和辞典
    基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
    B.B. ヴィディヤランカール
    サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

    recommend

    解説ヨーガ・スートラ
    解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
    佐保田 鶴治
    聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

    recommend

    VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
    VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

    トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

    recommend

    シカゴ講演集
    シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
    スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
    ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

    recommend

    ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
    ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

    お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

    recommend

    ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
    ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

    お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

    recommend

    ウパニシャッド (講談社学術文庫)
    ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
    辻 直四郎
    ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM