A 〜 アグニ(agni)

0

    アグニ(agni)火の神








    アグニへの祈り:

    अग्ने नय स्पथा रायेऽस्मान्
    विश्वानि देवा वयुनानि विद्वान्।
    युयोध्यस्मज् जुहुराणमेनो
    भूयिष्ठान् ते नम उक्तिं विधेम॥
    agne naya spathaa raaye'smaan
    vishvaani devaa vayunaani vidvaan |
    yuyodhyasmaj juhuraaNameno
    bhuuyiSThaan te nama uktiM vidhema ||

    あー、アグニよ!我らに善なる道を取らせたまえ。 
    神よ! 一切の知識をもたらしたまえ。
    我らの堕落させる罪を除きたまえ。
    我ら汝に何度も祈りを捧げん。
     
    アグニ(agni)は「火」を意味します。ヴェーダ聖典の中でも最も多く登場するのがこのアグニです。火の神格化されたもので、火の神、あるいは仏教では火天と呼ばれます。アグニは太陽のメッセンジャーとも呼ばれ、その源泉は太陽です。人間の体内の火は、ヴァイシヴァーナラ(vaishvaanara)と呼ばれ、消化の火(消化力)と呼ばれます。アーユルヴェーダでは、消化管の火をジャータラーグニ、ダートゥ(肉体組織)の火をダートゥヴァグニ、五大元素の中の火をブーターグニと呼びます。ですから、アグニには、「ヤジニャの火、消化器官(胃液、胆汁、胃の火)、ゴールド」などの意味もあります。

    古代においては、太陽の火、儀式の火、人体での消化の火などが最も象徴的だったのでしょう。これらをアグニとして称えていたのです。生命にとって欠かせないのがこの火のエネルギーです。また火は、知性をも表します。無知を燃やす英知の火、否定性からの束縛を焼き切る火でもあるのでしょう。

    それが、このアグニのメッセージ・カードでは、「消化力改善、真実の知識と現世の富、ヨーガによる内面の能力の獲得、、堕落させる願望と習癖からの自由」というメッセージにつながったのでしょう。

    リグ・ヴェーダ聖典の一番最初のマントラの最初の言葉は、アグニです。

    ॐ अग्निमिळे प्रोहितं यज्ञस्य देवमृत्विजं होतारं रत्नधातामम्॥
    agnim ile prohitaM yaj~nasya devam RtvijaM hotaaraM ratna dhaataamam.
    (アグニをわれ称える。プローヒタ、神なる祭祀のリトゥヴィジャ、最も多く財宝をもたらすホートラとして)
    ※プローヒタ=家庭内での祭司、リトゥヴィジャ=祭司の長、ホーターラ=リグヴェーダの祭官

    ヴェーダの時代においては火は祭祀で欠かせないものであり、特別な存在です。

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.05.08 Friday
      • -
      • 10:25
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ヴェーダセンター


      サイト内検索

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      clock

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      Concise Sanskrit-English Dictionary
      Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

      「サンスクリット−英語」ポケット辞書

      recommend

      A Sanskrit-English Dictionary
      A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      M.Monier- Williams
      MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

      recommend

      The Practical Sanskrit-English Dictionary
      The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      Vaman Shivram
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

      recommend

      Students English Sanskrit Dictionary
      Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
      V. S. Apte
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      基本梵英和辞典
      基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
      B.B. ヴィディヤランカール
      サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

      recommend

      解説ヨーガ・スートラ
      解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
      佐保田 鶴治
      聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

      recommend

      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

      トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

      recommend

      シカゴ講演集
      シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
      スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
      ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

      recommend

      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

      recommend

      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

      recommend

      ウパニシャッド (講談社学術文庫)
      ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
      辻 直四郎
      ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM