天下泰平

0

    今日は、瞑想の指導2日目を担当しました。
    午後は3ヵ月前に瞑想を始めた方も合流しました。
    既に学んだ方も参加し復習できるようにしています。

    瞑想のメカニズムや目指すゴールなどを考察するとともに、
    正しい瞑想の実践方法を確認することが一番のテーマです。

    自己流になっていたものが修正され、
    よい体験をされました。

    さて、今朝は我が家の自家製「ぜんざい」をいただきました。
    甘さ控えめで、餅はあわもちです。




    ぜんざいの語源にはいくつかあるようです。
     
    そのうちのひとつが、仏教用語の「善哉(ぜんざい・よきかな)」、
    を由来とする説だそうです。

    一休宗純が最初に食べたとされていて、
    そのおいしさに、「善哉」と叫んだことから始まったとのこと。

    そして、「善哉」は仏が弟子をほめるときに使う言葉だそうで、
    サンスクリット(梵語)の「すばらしい」や「平和に満ちた」という意味の、
    「sadhu(サードゥ)」の漢訳だそうです。

    一休の時代は戦国時代の少し前ですが、
    そのころからこの食べ物があったのには驚きます。

    され、春頃から、珍しくNHKの大河ドラマを見てしまいました。

    長い日本の歴史のなかで、戦乱の世が終わり、
    およそ250年もの間、ひとつの政権、徳川幕府が続きました。

    乱世の世が終わり平和な時代が続いたのです。
    江戸時代はそういう意味では天下泰平の世だったのですね。

    江戸時代には、独自の文化が育まれ、
    優れた技術も生み出されてきました。

    その流れを作った人のひとり、
    黒田官兵衛の生きざまには心を打たれるところがあります。

    史実に基づき制作されているのでしょうが、
    ひとつひとつの会話は創作である部分も多いでしょう。
    ですが全体としての歴史の流れは様々な文献で伝えられているようです。

    大きな犠牲を払い、ようやく250年続いた徳川時代も、
    明治維新以降でまたもや戦争の時代に入りました。

    そして日本が関わる戦争が終わったのは1945年です。
    これは長い歴史から見ればつい最近のことです。

    今だに世界では地域紛争が起こっています。
    平成の世が江戸時代のように平和であり続けることを望むばかりです。

    世界の平和は個人の平和から生まれます。

    経済や覇権主義がまだまだ続くこの時代、
    平和は平和を創造しようと言う個々人の強い意識が必要です。

    そのためには、ひとりひとりの心の平和が大切ですね。

    ぜんざいの語源のサンスクリット、サードゥには、
    すばらしい、のほかに、平和に満ちた、
    という意味もあります。

    こんなことを考えた今日でした。

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.07.18 Thursday
      • -
      • 20:02
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      善哉の語源について、とても興味深く読ませていただきました。
      • 初澤 克洋
      • 2015/02/09 11:32 AM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ヴェーダセンター


      サイト内検索

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      clock

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      Concise Sanskrit-English Dictionary
      Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

      「サンスクリット−英語」ポケット辞書

      recommend

      A Sanskrit-English Dictionary
      A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      M.Monier- Williams
      MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

      recommend

      The Practical Sanskrit-English Dictionary
      The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      Vaman Shivram
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

      recommend

      Students English Sanskrit Dictionary
      Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
      V. S. Apte
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      基本梵英和辞典
      基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
      B.B. ヴィディヤランカール
      サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

      recommend

      解説ヨーガ・スートラ
      解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
      佐保田 鶴治
      聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

      recommend

      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

      トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

      recommend

      シカゴ講演集
      シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
      スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
      ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

      recommend

      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

      recommend

      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

      recommend

      ウパニシャッド (講談社学術文庫)
      ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
      辻 直四郎
      ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM