日本へのヨーガの伝来

0
    古代インドにおいては、ヨーガは心の奥底の”真我(アートマン)”と結びつくことを意味していました。そのために、座して瞑想したのです。座すことは”アーサナ(aasana)”と呼ばれ、瞑想は”デャーナ(dhyaana)”または”タルカ(tarka)”と呼ばれました。

    目を閉じ、外界から感覚器官に入ってくる感覚刺激を遮断し、注意を心の内側に向けました。そして、心の最も精妙な深い意識を経験しました。精神活動は死滅し、無想三昧と呼ばれる境地を得たのです。

    [カタウパニシャッド]
    「5つの認識器官が心とともに、(外に向かう活動から)静止するとき、
    知力(buddhi)もまた働かないときに、それを人々は最高の状態と呼ぶ」
    yadaa pa̱~nca avatiSThante j~naanaaNi manasaa saha | 
    buddhishca na vicoSTati taaM aahuH para̱maaM gatim ||

    [バガヴァッドギーター]
    「内面に引き戻すとき、亀が頭や手をすべて収めるように、
    その者の感覚器官の対象から感覚を収めるとき、叡智が確立される」
    yadaa saMharate caayaM kuurmo'.ngaaniivaa sarvashaH |
    indriyaaNiindriyaarthebhyas tasya praj~naa pratiSthitaa || 

    座して瞑想することがヨーガであったわけです。真我との結びつきがヨーガであり、座すことや瞑想がそのための行法です。ところが現在では、一般的に、ヨーガは身体を曲げ伸ばしする体操法となっています。

    一方では精神的な実践とその境地、他方は肉体的実践をヨーガと呼んでいるのです。時代が変わると同じものも変化していきます。

    ウパニシャッドの時代には、ヨーガの6部門、その後のヨーガスートラにはヨーガの8部門が説かれています。それらには精神的実践と肉体的実践が両方とも含まれていまます。その後、精神的実践はラージャヨーガ、肉体的実践はハタヨーガと呼ばれるようになりました。

    ウパニシャッドの時代に重なる、仏教においても、座して呼吸法や内観などを伴う瞑想としてヨーガが取り入れられていました。

    ヨーガの日本伝来について調べてみると、ヨーガは漢字音写され瑜伽(ゆが)と呼ばれたり、相応(そうおう)と呼ばれ、中国経由で形を変えて伝わってきています。しかし当初は座して瞑想することがヨーガの行法でした。

    538年の仏教公式伝来の際には、仏教の修行法としてヨーガが伝えられたようです(修行法の内容は不明)。8世紀、南インド出身の仏僧ボーディ・セーナ(東大寺の開眼供養の導師として有名)が、インド直伝のヨーガを日本にもたらしました。

    7〜9世紀においては、鑑真和尚や空海が仏教ヨーガを実践していたことが知られています。特に空海は真言密教(ヨーガ・タントラ)を伝え、マントラを使用したヨーガ瞑想が伝わりました。

    仏教の行法とは別にヨーガとして、ハタヨーガや呼吸法が広がっていくのは、明治後期から昭和になってからのようです。中でも中村天風氏がインド系のヨーガを日本に導きいれたことは知られています。また、佐保田鶴治氏は、昭和48年にヨーガ道場を開設し、普及させました。

    前述のとおり、日本においては仏教伝来の際、座して瞑想をするという行法がヨーガとして伝えられました。ですが、近年においては、ポーズをとるアーサナが”ヨガ”として伝えられ、広がっているのが現状です。
     
    しかし、1970年代ごろからは、むしろ、ヨーガの瞑想や知識を中心と運動がインドから生まれ、欧米に広がっていきました。それが日本にも伝わり、1980年ごろからヨーガの瞑想も少しずつ広がり、1990年ごろから、経営者層にも瞑想を実践する人々が増えてきました。

    肉体の鍛錬を中心とするハタヨーガ、精神の開発をするラージャヨーガ、これらは相互補完的で、決して対立するものではありません。ハタヨーガはラージャヨーガのための重要な土台になるものであり、ラージャヨーガはヨーガのゴールを達成するのに欠かせない実践となります。

    ヨーギー(ヨーガ行者)スヴァートマラーマ(svaatmaraama)の『ハタヨーガ・プラディーピカー』には以下のとおり書かれています。

    「ラージャ・ヨーガを知らず、ただハタを行ずる者たちを、
    私の見解では、努力の効果を奪われた者たちであると言う」
    raaja-yogamajaanantaH kevalaM haThaa-karmi.naH |
    etānabhyāsino manye prayāsa-phala-varjitān || 

    「すべてのハタとラヤの方法はラージャ・ヨーガの完成のためにある。
    ラージャ・ヨーガに熟達した人は死を逃れる」
    sarve haTha-laayopaayaa raajayogasya siddhaye |
    raaja-yoga-samaaruuḍhaaH puruSaH kaala-va~ncakaH ||

    関連記事

    「用賀」の名前はヨーガに由来


    ※参考図書
    『仏教とヨーガ』(保坂俊司著・東京書籍刊)
    『ヨーガとサーンキャの思想』(中村元著・春秋社刊)
    『ハタヨーガ・プラディーピカー』(佐保田鶴治著・春秋社)

    ヴェーダセンター

    JUGEMテーマ:ヨーガ哲学講座

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.07.18 Thursday
      • -
      • 20:02
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ヴェーダセンター


      サイト内検索

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      clock

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      Concise Sanskrit-English Dictionary
      Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

      「サンスクリット−英語」ポケット辞書

      recommend

      A Sanskrit-English Dictionary
      A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      M.Monier- Williams
      MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

      recommend

      The Practical Sanskrit-English Dictionary
      The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      Vaman Shivram
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

      recommend

      Students English Sanskrit Dictionary
      Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
      V. S. Apte
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      基本梵英和辞典
      基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
      B.B. ヴィディヤランカール
      サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

      recommend

      解説ヨーガ・スートラ
      解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
      佐保田 鶴治
      聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

      recommend

      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

      トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

      recommend

      シカゴ講演集
      シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
      スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
      ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

      recommend

      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

      recommend

      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

      recommend

      ウパニシャッド (講談社学術文庫)
      ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
      辻 直四郎
      ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM