スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.18 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ガーヤトリー・マントラへの関心 チャンティング講座にて

    0
      昨日は、午前中はガーヤトリー・マントラのチャンティング講座で、
      午後は般若心経のサンスクリット講座を担当しました。

      ガーヤトリー・マントラほど知られたマントラはありません。
      マハーマントラ(偉大なマントラ)と呼ばれています。

      そのせいもあってか、いつもより多くの皆さんが参加されました。
      正しいチャンティングの方法や知識に皆さん関心が高いのでしょう。
      1時間半、チャンティングの練習とこのマントラの持つ意味や使用法について話しました。

      発音は初めての人には難しいですが、1時間ほど何度も練習すると次第に上手になってきます。
      サンスクリットのチャンティングは意味がわからずとも心地良いものです。
       
      このマントラは、リグヴェーダ聖典の第10巻(マンダラ)に収められているものです。
      太陽の輝き(光線)を神格化したサヴィトリーという女神への賛歌です。
      彼女の力により私たちが悟りを得られるようにと願うものです。

      日常に忙しいと、天を見上げることもありませんが、そこには天空が広がり、
      無数の惑星や星座が銀河の中に存在します。さらには無数の銀河がその外がには広がっています。

      太陽系はその全体からすればほんの小さな部分です。
      しかし、その中心にある太陽のエネルギーはとてつもなく大きいものです。

      そのエネルギーにより太陽系が維持され、60億の人類、地上の森羅万象が生きています。
      そう考えれば宇宙全体のエネルギー量は想像を超えています。

      太陽のエネルギーは絶えることなく地上に降りそそいでいます。
      古代の人はその太陽のありがたさを現在の私たちよりも深く感じていたのでしょう。

      ガーヤトリーはヴェーダのマントラの韻律の名前ですが、神格化されて女神として扱われています。
      ガーヤトリーはヴェーダの母とも呼ばれています。至高のブラフマンが個別化したものです。

      ブラフマンはこの宇宙の森羅万象すべてを支配するものです。
      その至高のブラフマンは波動となって、個別の価値を持ちます。

      そして太陽系をつくり、そして音となり、言葉となり、マントラとなります。
      サヴィトリーのこのマントラは太陽系のエネルギーを表現したものです。

      月2回のマントラチャンティング講座では、毎回、テキストの「マントラ集」に準拠して、
      ひとつひとつ学んでいきます。

      始めての方もお気軽にお越しください。
      ともに知識と実践を共有しましょう。
       
      JUGEMテーマ:マントラ(真言)

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.07.18 Thursday
        • -
        • 10:33
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        ヴェーダセンター


        サイト内検索

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>

        clock

        Link

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        Concise Sanskrit-English Dictionary
        Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

        「サンスクリット−英語」ポケット辞書

        recommend

        A Sanskrit-English Dictionary
        A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
        M.Monier- Williams
        MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

        recommend

        The Practical Sanskrit-English Dictionary
        The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
        Vaman Shivram
        APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

        recommend

        Students English Sanskrit Dictionary
        Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
        V. S. Apte
        APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        基本梵英和辞典
        基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
        B.B. ヴィディヤランカール
        サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

        recommend

        解説ヨーガ・スートラ
        解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
        佐保田 鶴治
        聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

        recommend

        VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
        VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

        トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

        recommend

        シカゴ講演集
        シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
        スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
        ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

        recommend

        ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
        ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

        お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

        recommend

        ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
        ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

        お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

        recommend

        ウパニシャッド (講談社学術文庫)
        ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
        辻 直四郎
        ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM