ガネーシャ(聖歓喜天)

0


    ガネーシャとは「ガナ」(集団)と「イーシャ」(主)、つまり
    集団の主という意味であり、様々な側面を統合したものとされます。ガナパティはこの太陽系の神々のリーダーです。ヴェーダにおいては、ガナパティ(गणपति gaNapati)またはブラマナスパティ(ब्रह्मणस्पति brahmaNaspati)と呼ばれ、祈祷の主として扱われています。それが、神話(purANa)の中でガネーシャとして登場します。

    ガネーシャは現在では、障害除去、学問成就、商売繁盛の神様として広くインドでは信仰されています。

    以下ガネーシャについて紹介します。

    ガネーシャには様々な名前があります。様々な名前は様々な特徴を表しています。一番は障害除去です。そのためヴィグネーシュヴァラ(विघ्नेश्वर vighneshvara)とも呼ばれます。ヴィグナとは「障害」という意味です。もともとは障害神でした。ガネーシャの像や絵は、たくさんの手が描かれており、それぞれの手には異なるものを持っています。

    ●持ち物:
    体の形や手に持つものは、ガネーシャの持つ特徴を分かりやすくするために擬人化されました。

    ガネーシャ象は四本の手を持っています。斧、ロープ、菓子を持ち、残りの1本は手を開いて前に向けています。それぞれは次のような意味を持っているそうです。ただしこれには諸説あるようです。

    1.斧:束縛や執着を断ち切る
    2.開いた手:祝福と至高の存在への道に達するのを保護する
    3.ロープ:自制心、ゴールを引き寄せる
    4.モーダカ(菓子):富を与える

    体の特徴にも意味があります。

    1.像の頭:知性、弁別力、忠誠心などの象徴
    神話 「パールヴァティーが身体を洗い、その汚れを集めた人形に命を吹き込み自分の子どもを宿した。 彼女の命令で、ガネーシャは浴室の見張りをしていたが、父であるシヴァが帰ってきたとき、母、パールヴァティの指示どおり、父と知らずに入室を拒んだ。シヴァは怒りガネーシャの首を切り落とし投げ捨てた。パールヴァティーの説明により自分の子供だと知った。投げ捨てたガネーシャの頭を探したが見つけられなかった。それで最初に出会った象の首を切り落として持ち帰りガネーシャの頭にした」

    2.片方の牙が折れている:相対世界は不完全である
    神話 「シヴァの投げた斧を反撃しては不敬であるので、敢えて一本の牙で受け止め折れた。籠で運ばれているときに振り落とされて頭から落ちて折れた。夜道で転倒しお腹の中の団子が飛び出て転げたのを月に嘲笑され、自らの牙を一本折り月に投げつけた」

    3.大きな頭:大きなことを考える

    4.小さな目:集中力

    5.大きな耳:よく聞く

    6.大きなおなか:あらゆる善悪を静かに消化する

    7.曲がった鼻:効率性と適応力

    8.小さな口:多弁でない

    9.善に近づき、悪と距離を置く

    10.ネズミ:動き回りどこでも入っていくことができるが、常に自分の心の制御下にある



    この写真は我が家のガネーシャですが、踊るガネーシャです。

    PC031731.JPG


    もう一つ当センターのガネーシャにはなぜか、8本の手があります。また通常牙は1本は欠けているのですが二本あります。


    JUGEMテーマ:インド 

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.07.22 Wednesday
      • -
      • 09:24
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ヴェーダセンター


      サイト内検索

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      clock

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      Concise Sanskrit-English Dictionary
      Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

      「サンスクリット−英語」ポケット辞書

      recommend

      A Sanskrit-English Dictionary
      A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      M.Monier- Williams
      MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

      recommend

      The Practical Sanskrit-English Dictionary
      The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      Vaman Shivram
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

      recommend

      Students English Sanskrit Dictionary
      Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
      V. S. Apte
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      基本梵英和辞典
      基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
      B.B. ヴィディヤランカール
      サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

      recommend

      解説ヨーガ・スートラ
      解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
      佐保田 鶴治
      聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

      recommend

      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

      トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

      recommend

      シカゴ講演集
      シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
      スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
      ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

      recommend

      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

      recommend

      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

      recommend

      ウパニシャッド (講談社学術文庫)
      ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
      辻 直四郎
      ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM