中国に対して理性的な態度を取るといっても、どう取ったらいいのか分からない人のために

0
    日中関係が緊張しています。日本の政権の弱さ、日米の微妙な関係、震災による被害、原発事故、経済の低迷などの重なるこの時期を狙って、 中国の覇権主義は問題を仕掛けてきています。2009年もそうでした。今回も、中国は、尖閣出漁する船に各125万円出したり、という情報も伝わってきています。


    デモの参加者のほとんどは20歳すぎの「90後世代」と言われる世代です。一人っ子政策の世代で、また中国が市場経済を導入し、バブルの中で甘やかされて育った世代です。彼らには中国人も手を焼いています。反日教育をしっかりされています。その彼らを巧みに中国は利用しています。当局はひと暴れした彼らに「理性的に」と携帯メールを送っています。後は政府がやりますよ、ということです。

    中国は周到に準備しながら進めています。ベトナム海域の南沙諸島や西沙諸島も同様な状況です。チベットやウイグルを手に入れたように、中国は史実はどうでもよく、とにかくあらゆる手段を尽くして領土を拡大したいのです。

    今、中国の傍若無人ぶりに対抗して日本人が暴力的な手段を使うと、彼らはそれをさらに過剰に報道し国民をあおり、相手の思うつぼとなり、反日行動は拡大します。中国は巧みに国民をコントロールしています。その牙先が共産党政権自体に向かわないように。

    以下興味深い記事がありました。

    「やまもといちろうブログ」(
    2012.09.17)より。

    --------------------------------------------------------

    中国に対して理性的な態度を取るといっても、どう取ったらいいのか分からない人のために

    最初に述べておくべきは、尖閣諸島は日本の領土であり、領土問題は本来なく、日本の実効支配下にあるという従来の主張を是とすることです。ネットの情報を見て右往左往している人は、外務省のこのサイトを百回読んで、落ち着きましょうね。

    尖閣諸島に関するQ&A

     で、語るべきは三点です。


    ■中国人が尖閣諸島問題で怒る理由をよく理解すること

     中国が後から領有権を主張した尖閣諸島問題が、中国国内のプロパガンダの材料となり、政府への不満のガス抜きとして反日行動が当局管理の下で行われてきている話は一般的に日本人も良く知るところとなっています。

     ただ、今回中国の当局の承認のもとで香港活動家が船舶で尖閣諸島に上陸した背景には、日本政府が最終的には却下したものの日本の一部有志が尖閣諸島の既存施設管理・補修のために上陸申請をしたという話が中国側に伝わったことが主たる理由です。

     馬鹿馬鹿しい話ですが、毎度一連の日中間の尖閣諸島を巡る衝突の原因は些細なものです。しかし、中国からすると日本が先に尖閣諸島への上陸を認めた、また、日本政府が尖閣諸島を国有化する、という情報が、非常にセンシティブに伝わってしまったのも事実です。なぜなら、中国における「国有化」と日本の「国有化」とは、受け取るニュアンスがまるで違うからなのです。

     一連の尖閣諸島での衝突の前から、日中間では相応のコンタクトが続けられてきていました。
     バックグラウンドについては、警察庁、海上保安庁、内閣官房いずれから出ている話も共通しているので、恐らく事実だろうと思います。一部詳細は、先日の『安全保障なう』で語られております。

    国内海外安全保障なう 第三回 「日本は領土・領海を守れるのか」

    ■中国の破壊的な反日デモと同じ民度で日本が反中デモをしないこと

     中国人が激昂する理由は理解したとして、我が国も中国に対して積年の不快が溜まっていることもあり、場合によっては反原発運動と似たような流れで、中国の反日デモと同様の破壊的な反中デモのようなものが大規模に組織される可能性もなきにしもあらずです。

     何より、現段階では死者負傷者は出ておりませんが、漁船が千隻だ何だと本当にやってきて、双方無事で済む可能性は微妙なところだと思います。ただ、たとえそういう事態に陥ったとしても、日本国民は誇り高く冷静に、武力に訴えることなく中国に対して抗議を続け、あくまで経済面での離脱を進める程度の動きにしておいたほうが望ましいものと思います。

     友好も抗議も国益を推進するための手段であって、手段を目的化させることがあってはなりません。
     大きいデモを打つことは目的ではなく、それは単なる無責任な煽動に過ぎません。

     間違っても、政治的なアピールをする以外の破壊的なデモに発展しないよう、留意する必要があると考えます。

    ■尖閣諸島を守り抜く民主党・野田政権の国防政策を支持すること


    2012.09.17 やまもといちろうブログ  

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ヴェーダセンター


    サイト内検索

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    clock

    Link

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    Concise Sanskrit-English Dictionary
    Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

    「サンスクリット−英語」ポケット辞書

    recommend

    A Sanskrit-English Dictionary
    A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
    M.Monier- Williams
    MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

    recommend

    The Practical Sanskrit-English Dictionary
    The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
    Vaman Shivram
    APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

    recommend

    Students English Sanskrit Dictionary
    Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
    V. S. Apte
    APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    基本梵英和辞典
    基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
    B.B. ヴィディヤランカール
    サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

    recommend

    解説ヨーガ・スートラ
    解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
    佐保田 鶴治
    聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

    recommend

    VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
    VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

    トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

    recommend

    シカゴ講演集
    シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
    スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
    ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

    recommend

    ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
    ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

    お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

    recommend

    ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
    ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

    お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

    recommend

    ウパニシャッド (講談社学術文庫)
    ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
    辻 直四郎
    ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM