福島第1原発から放出された放射性セシウム137は広島型原爆168.5個分。

0
    以下転載

    23日の衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会に、政府(細野豪志原発担当相)が提出した数字である。

    放射線の放出量については、東京大学の児玉龍彦教授が先月下旬の衆議院厚生労働委員会で、「熱量にして広島型原爆の29.6個分に相当する」という試算を明らかにしたときにも、ギョっとした。このときの同教授の政府の無策を憤る熱い言葉は、多くの人によって動画配信サイトに投稿されたのでご覧になった方も多いかもしれない。

    今回明らかになった試算は、9日の同特別委での阿部知子議員(社民党)の質問を受け、川内博史委員長が政府に提出を求めたものだ。

    資料によると、福島第1原発1〜3号機から放出されたセシウム137は1万5000テラベクレル(テラは1兆)。広島型原爆は89テラベクレルだったということなので、福島原発は広島原爆168.5個分ということになる。

    ヨウ素131では福島が16万テラベクレルで原爆が6万3000テラベクレル。ストロンチウム90でいうと、福島が140テラベクレル、原爆が58テラベクレルだそうだ。ヨウ素131は半減期が約8日と短いが、セシウム137は約30年、ストロンチウム90は約29年で影響が長く残る。

    政府は、この数字が独り歩きすることを懸念して、資料の中で「原子爆弾は高濃縮ウランを一瞬のうちに核分裂連鎖反応させて、爆風、熱線、中性子線を放出して、大量の殺傷、破壊に至らしめるもの」だと定義。一方、福島第1原発は、「原子炉の運転により核燃料が制御された形で核分裂し、その過程で生成した放射性物質の一部が事故の結果、環境中に放出され周辺に拡散した。放出された放射性物質が核分裂を起こしているのではない」として、「放射性物質の放出量で単純に比較することは合理的ではない」と前置きをした上で数字を明らかにした。

    だが、168.5個分である。確かに爆発によって巨大なキノコ雲が高度1万メートルにも吹き上った原爆と、爆発といっても原子炉設備を覆っていた建屋を壊した福島の事故とでは、破壊の度合いという点では比較にならないかもしれない。しかし汚染が広がらず原発周辺にとどまっているとしたら、あのあたりの汚染がどれだけひどいかということではないのだろうか。

    また、児玉教授は、これまでの研究結果によると、原発と原爆では、一定期間後の放射能の残存量に大きな違いがあり、1年後に、原爆は1000分の1に減少するが、原発は10分の1にしかならないと述べていた。

    原爆の悲惨さを語り継いできた日本人としては、原爆との比較で福島第1原発の放射性物質の放出量を認識することには、それなりの意味がある。

    これを聞いて、避難地域の線引きや除染などが今のままでいいのか、原発の安定化のために作業をしている人たちの安全は守られているのか。毎日のように障害にぶつかっている原子炉安定化の作業には、そもそも成算があるのか。いろんなことがあらためて心配になってきた。 

    ウォールストリートジャーナル
    2011年8月27日

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.07.18 Thursday
      • -
      • 16:47
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ヴェーダセンター


      サイト内検索

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      clock

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      Concise Sanskrit-English Dictionary
      Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

      「サンスクリット−英語」ポケット辞書

      recommend

      A Sanskrit-English Dictionary
      A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      M.Monier- Williams
      MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

      recommend

      The Practical Sanskrit-English Dictionary
      The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
      Vaman Shivram
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

      recommend

      Students English Sanskrit Dictionary
      Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
      V. S. Apte
      APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      基本梵英和辞典
      基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
      B.B. ヴィディヤランカール
      サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

      recommend

      解説ヨーガ・スートラ
      解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
      佐保田 鶴治
      聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

      recommend

      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
      VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

      トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

      recommend

      シカゴ講演集
      シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
      スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
      ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

      recommend

      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
      ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

      recommend

      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

      お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

      recommend

      ウパニシャッド (講談社学術文庫)
      ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
      辻 直四郎
      ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM