正しいマントラ・チャンティング

  • 2011.05.24 Tuesday
  • 22:42

 

 

近年、マントラ・チャンティング、つまり「マントラを詠唱すること」が、ヨーガの指導者や実践者の間に知られてきました。しかし、チャンティングには、ある程度の知識が必要です。マントラはサンスクリット(梵語)の詩句です。したがって、サンスクリットの正しい発音、少なくともアルファベットやひとつひとつの音の違いは知っておく必要があります。実際に正確に発音できるまでには、少し時間がかかりますが、音の発声部位、舌の位置などは、知っている必要があると思います。


カタカナではサンスクリットを表記する方法がまだ確立されていません。カタカナ表記法を考えるよりは、ローマ字表記法を覚える方が早いでしょう。マントラを間違ったカタカナ表記で覚えている人が多くみられます。ローマ字であれば、IAST、Harvard-Kyoto、ITRANS、Velthuisなどのローマ字表記がすでに確立されています。日本語は子音と母音を分けて表記しないため、表記法を考えるのは難しいですし、できてもそれを見ながら詠うのは難しいですね。マントラはやはりその音の生み出す波動も大事なので、正しい発音が重要です。発音は気にしなくてよいという人もいます。ですが、他の原語と同様、より近い発音を行うよう練習することが必要です。

多少の違いで意味が異なる単語も多くあります。例えば、 medaaमेदा)、medaमेद)、medhaa(मेधा)、meDha(मेढ)、medha(मेध)です。カタカナで書けば、メーダかメーダーです。ですが、 メーダー(medaa मेदा)は「生姜に似た根っこ」、メーダ(meda मेद)は「脂肪」、メーダー(medhaa मेधा)は「才能、知性、知恵」など、メーダ(medha मेध)は「樹液、エッセンス、骨髄」など、メーダ(meDha  मेढ)は「エレファント・キーパー」となります。
 
---------------------------------------------- PR ----------------------------------------
 
★マントラ・チャンティング [BOOK-CD] 
皆さんにマントラ・チャンティングを紹介するために [BOOK-CD]をこれまで2点制作し始めました。2009年にパート1、2102年にパート2を発売しました。ローマ字表記、デーヴァナーガリー文字表記、意味、解説などを記載したテキスト付きです
★マントラ・チャンティング講座
個人レッスン、グループレッスンなど行っています。基本から学びます。
-------------------------------------------------------------------------------------------

ヴェーダ・マントラ は、3音階(高音、中音、低音)と特別な高音で詠唱されます。ひとつひとつのマントラには、それを認知した見者(rshi)の名前、神格(devataa)、韻律(chhandas)が聖典には明記されています。音階(svara)も書かれています。神格により祭祀での使用目的は異なります。正しい発音と、正しい音階を幼少期に身に付けた専門家により詠唱されます。

ヴェーダ・マントラの知識はヴェーダの伝統の継承者や専門家から学ぶ必要があります。市販のテキストには間違いも見受けられます。マントラは、主に、パンディタと呼ばれるヴェーダの専門家により、ヴェーダ祭祀などで使用されます。
 
マントラを用いた祭祀は”ヤジニャ(ヤギャ)”と呼ばれ、ブラフマナ(バラモン/ブラーミン)により継承されてきたものです。日本の相撲と同様、女性によって行われることはほとんどないようです。もちろん、祭祀以外におて、女性がマントラを詠唱することはあります。ただ一般には、女性は、ストートラ、バジャン、キールタンなどの賛歌をチャンティングすることが多いようです。これらは、マントラと異なりより音楽的な要素が強いものです。ちなみに、インド古典音楽のドゥルパドのルーツはサーマ・ヴェーダです。
 
ヨーガ教室で歌われているものは、ヴェーダ・マントラとは異なるものが多いですね。ヴェーダ・マントラとそれ以外を区別する必要があります。よく知られたヴェーダ・マントラには、ガーヤトリー、ムルテュンジャヤ、ガナパティ、シャーンティ・パータなどがあります。
 
現在では、これらの区別があいまいです。そうでないものを、ヴェーダ・マントラと思っている人も多いようです。ヴェーダ・マントラは主にヴェーダ聖典の中の本集(サムヒター)の詩節です。そのためヴェーダ・マントラ、ヴェーディック・マントラと呼ばれます。このマントラは儀式の中で使用されるもので、一般的に、音楽として歌われることはありません。もっとも、近年は歌手や西洋人が音楽的にアレンジして歌っているものも多くなってきています。YOTUBEなどにアップさされているものにはそういうものが多く見うけられます。
 
ヴェーダ・マントラの詠唱の伝統は、2009年9月ユネスコ無形文化遺産に正式に登録されました(→ユネスコサイト)。ヴェーダ・マントラはパンディタ(専門家)により、その祭祀に必要なマントラを規定通り、また、おごそかにチャティングされます。したがって、誰もが詠唱でき学べるものではなく、幼少期から特別な教育を受け初めて可能になるものです。
 
◆  ◆
 
ヴェーダ・マントラは、古代から全く同じ形でチャンティングされている。いくつかの学派(shaakhaa)があり、同じ詩節であっても、音階や発音に違いがあります。ヴェーダ・マントラでなければ、音階などは、地域や教える人により異なっています。学んだ先生により異なります。
 
歌われている賛歌のなかには、ヒンディーや地元の言葉で作られたものもあり、サンスクリットとは発音などが異なります。ヒンディー賛歌をサンスクリットだと思っている人もあるようです。インド人でもサンスクリットとの区別を知らない人がいるくらいです。例えばサンスクリットでは、ラーマ(raama)ですが、ヒンディーではラーム(raam)となります。
 
またマントラは一般の音楽のように歌うことはありません。楽器の演奏とともに詠唱されることもありません。ただ、タンブーラなどの通奏低音(ドローン)をバックに流す場合が稀にあります。儀式の中ではそのようなことはありません・

サーマヴェーダでは、マントラは7音階で詠われます。サーマ・ヴェーダはリグ・ヴェーダのマントラを音楽的に詠唱するもので、前述したように、インド古典音楽、仏教声明のルーツです。しかし、厳格に音階を守りルールに従いチャンティングされます。
 
                   ◆  ◆
 
ヴェーダ・マントラは、聞いていて、人間の情緒や感情を刺激するものではないよう思います。最も精妙な意識を刺激するものです。内容は自然の賛歌です。自然界の様々な現象や働きを神格化し賛美したものです。自然を支配する力をデーヴァター(神性)と言います。バジャンやキールタンは、人格化した神々(デーヴァ、デーヴィー)の名前を唱えたり、讃美歌を歌ったりします。神々への献身の情を表現しているようにも思えます。実際に聞くとそのように感情が高揚した利なだめられたりします。繰り返し歌うことで、人の感情や情緒が刺激されます。キールタンはまさに繰り返しチャンティングするものであり、高揚したムードのなかで陶酔する人が多く見受けられます。

バガヴァド・ギーターやラーマーヤナなどは、韻律を持つ賛歌となっていますが、そこで説かれているヴェーダの哲学的な内容に意味があります。それらはヴェーダの哲学が神話や物語として表現されたものです。

情緒的な癒しや気分の向上を求めている人たちは、キールタンやバジャンなどを好みます。確かにある種のハイなムードに浸ることができるからです。一般的に、瞑想を日々行い静寂の意識(サマーディ)を経験している人々はヴェーダのマントラを聞くことを好みます。マントラが静寂の意識を刺激するからです。もちろん完全にそうだということではありません。知的なレベルでヴェーダを捉えたい人は、チャンティングよりも、ウパニシャッドやバガヴァド・ギーターなどの意味を知的に理解したいと思います。ただチャンティングしたり聞くことだけでも心地よさはあります。

 
◆  ◆
 
【サンスクリット・チャンティングの種類】
 
 チャンティングにはさまざまなものがあります。いずれにしてもこれらは祈りや賛歌です。自己を超えた大いなる存在、自然の力、聖なるものへの賞賛、懇願、瞑想、お礼、願いなどの祈りです。祈ると言うことは、感謝することと同じように人間の根本的な思いや行為でしょう。自分の好みのスタイルで、言葉で自然な形で行うとよいでしょう。インドにはさまざまな形で継承されてきた祈りのスタイルがあります。以下の通りです。

 
1.マントラ(mantrah): 

マントラは、ヴェーダ聖典の詩節(ślokaḥ)を指し、祭祀などで使用される自然を讃える聖句である。規定の音階や形態で専門家(パンディタ)により儀式においてチャンティングされる。ヴェーダには、リグ・ヴェーダ、ヤジュル・ヴェーダ、サーマ・ヴェーダ、アタルヴァ・ヴェーダの四大ヴェーダ聖典がある。各ヴェーダは、それぞれ、サムヒター(本集)、ウパニシャド(奥義書)、アーラニャカ(森林書)、ブラーフマナ(祭儀書)から成る。マントラは、狭義ではこのサムヒターの詩句、広義ではヴェーダ聖典群の詩句を指す。しかしながら、現在では神々を讃える特定の宗教歌もマントラであると言う人もいる。

2.プラーナ(prāṇa):  
プラーナは「太古のもの」を意味し、古伝書、伝承聖典である。これらの詩句が詠唱されることもある。ヴェーダの諸原則を理解するためのもので、主要な18プラーナはヴャーサの著作とされる。マントラがブラーフマニズム(バラモン教)の聖典であるのに対して、プラーナは後世のヒンドゥーイズム(ヒンドゥー教)の聖典である。神話には、ヴェーダの神性(デーヴァター)が擬人化され神(デーヴァ)として描かれている。このプラーナ(purāṇam)は、「呼吸、生命力」を意味するプラーナ(prāṇam)とは異なる。
 
3.キールタナ(kiirtanam): 
キールタナは神の讃歌。ヒンディでは、キールタン(kīrtan)またはサンキールタン(saṃkīrtan)という。宗教儀式や集会などで専門家や一般の間で歌われる。「呼びかけと応答(call and response)」という掛け合いスタイルで歌われる。一人のリーダーが歌い、それに続いてほかの参加者が全員で、同じフレーズを繰り返す。神様の名前や短い祈りの言葉を繰り返すことが多い。ハーモニウムなどの楽器の伴奏が付く。歌のテンポはどんどん早くなる。感情を刺激し恍惚状態に浸り、神と一体となろうとする。サンスクリットの動詞語根は、キールト(kīrt)で、「賞賛する、繰り返す」を意味する。
4.バジャナ(bhajanam): バジャナは神の讃歌。ヒンディでは、バジャン(bhajan)という。宗教儀式や集会などで専門家や一般の間で歌われる。通常、参加者の一人が歌い、終わると自然にほかの誰かが歌い出す。思い思いに交代で延々と歌われていく。キールタナのように全員で同じフレーズを繰り返すこともある。動詞語根は、バジ(bhaj)であり、「参加する、献身する、崇拝する」などの意味がある。神を讃える讃美歌をチャンティングする。
ストートラは神の讃歌。宗教儀式や集会などで専門家や一般の間で歌われる。動詞語根はストゥ(stu)であり、「讃える、賞賛する」と言い、「賞賛、賛辞、讃歌」などを意味する。通常、韻律は三二音節のアヌシトゥプ(anuṣṭup)である。ストゥティ(stutiḥ)やスタヴァナ(stavanam)とも呼ばれる。これらも基本的には同じ神の讃歌である。ストートラ、ストゥティ、スタヴァナは皆同じ動詞語根ストゥ(stu)であり「讃歌」を意味する。
6.ストゥティ(stutih):
ストゥティは神々の「賛歌」である。言葉の意味は、「賛辞、推賞、賛歌」などである。北インドでの呼び方である。動詞語根は、ストーットラと同じ、ストゥ(stu)であり「賞賛する、賛美する、賛辞を述べる」などの意味があり、ストーットラと同様である。
7.スタヴァナ(stavanam):
スタヴァナは、 ストゥティは神々の「賛歌」である。ストゥティと同じである。動詞語根は、ストートラ、ストゥティと同じ、ストゥ(stu)である。
8.プラールタナー(praarthanaa):
ストートラと同じ神に懇願歌。祈願対象の主神や師(グル)に願いを叶えるよう懇願するために歌われる。儀式前後に、礼拝される主神に特定のプラールタナーを詠唱し捧げる。動詞は、プラールタ(prārtha)であり、「懇願する、依頼する」を意味する。
9.スマラナ(smaraNam):
これは、祈願の対象となる主神やグルをイメージするために詠唱される。儀式の始まりに詠唱されることが多い。「記憶、回想、神の名前の詠唱」などを意味する。
10.デャーナ・シローカ(dhyaana shloka):
デャーナは「瞑想」、シローカは「詩節」という意味だ。祈りの対象となる主神やグルのイメージを心に浮かべ、瞑想しながら詩節を唱えたり詠ったりする。儀式の最初にチャンディングされることが多い。
11.シローカ(shlokah):
『マハー・バーラタ』(mahābhārataḥ)や『ラーマーヤナ』(rāmāyaṇa)などの叙事詩のこと。これらの詩句はいくつかのよく知られたメロディでチャンティングされる。韻律は、三十二音節のアヌシトプ(anuṣṭup)、または四十四音節のトリシトゥプ(triṣṭup)からなる。イティハーサは「歴史、英雄伝、歴史的出来事、物語」などを意味する。有名な聖典『バガヴァド・ギーター』(bhagavadgītā)はマハーバーラタから抜粋された十八章(ビーシマ篇第25章〜42章)の七百詩篇を指す。独立した聖典として存在し、今や世界中の人々に愛されている。このギーターはヴェーダの教えのエッセンスを物語で表わしている。
12.イティハーサ(itihaasah):
『バガヴァッド・ギーター』や『ラーマーヤナ』といった叙事詩をイティハーサと呼ぶ。これらは悟りを得るための智慧、悟りを得た人生とはどのようなものかを説く教えを物語で表わしている。ひとつひとつの詩節は32音節または44音節からなる。いくつかのよく知られたメロディでチャンティングされている。
13.プラーナ(puraaNam):
神話である。自然の摂理を擬人化して神として表わしている。より真理を分かりやすい形で教える。プラーナから引用した詩節がチャンティングされることも多い。

 

14.デーヴァター・ナーマ(devataa naama):
デーヴァター(神性)+ナーマ(名前)、つまり神様の名前である。神を讃え、神のひ護を得るため、また神に懇願するために、神様の名前を繰り返し唱えることもよく行われる。
15.ジャパ(japa):
ジャパは、小声で口の中で繰り返し、神の名前や讃歌を数珠を繰りながら唱える礼拝行為(念誦)である。ジャパは、動詞語根がジャプ(jap)「つぶやく、心の中で唱える」で、「小声で唱えること、祈願すること、神名の繰り返し、ヴェーダのチャンティング」という意味だ。プージャーやサーダナ(修養)などで行われる。
16.パーラーヤナ(paarayanam):
パーラーヤナは、「読了」という意味。マントラ(ヴェーダ聖典)や聖典を読誦することである。
注:一例に示した音源は、マントラ、イティハーサなど以外は、一部、アレンジされたものもあるので、あくまで参考としてとらえていただきたい。またそれぞれの区分は人や地域によって同じものを指す場合も多い。


以上、チャンティング(詠唱)は多種多様だ。ここで列挙したものは、言い方が違うだけであったり、様式を表わすものであったり、特徴を指すもの、目的を表わすもの、聖典自体の名前などもある。
中には、ヴェーダ・マントラを、音階と関係なく音楽的に歌っている人もいます。現在ではマントラや聖句をポピュラーソングのように歌っているようです。今チャンティングしているのは何なのかを指導者から学び知っておく必要がありますね。伝統的には、例えばガーヤトリー・マントラは声に出してはいけないと教えられます。
 
重要なのは、神格とは何かということでです。この理解の違いにより、チャンティングの意味合いは異なってきます。ヴェーダのマントラにおいては、神格は、自然現象や自然である。あらゆるものを神聖なるものとみ、それらを神(デーヴァター)と呼びます。プラーナの賛歌や詩節では、ヴェーダの神格は人格化されデーヴァやデーヴィーとして擬人化されています。
◆  ◆

 
【ヴェーダ・マントラ】
 
前述したように、ヴェーダ・マントラは、規定された特定の韻律からなる、賛歌、詩節である。古代のシャーマンのようなリシと呼ばれる高次意識の聖者が天から啓示を受けた、あるいは認知したものとされます。人の創作ではないものと言われます。一つの神様に関するマントラの集まりを、スークタと言います。スークタの集まりをアヌヴァーカ、アヌヴァーカの集まりをマンダラと言います。そのマンダラの集合を、サムヒター(本集)といいます。ヴェーダは4種類あります。リグ・ヴェーダ、ヤジュル・ヴェーダ、サーマ・ヴェーダ、アタルヴァ・ヴェーダです。それぞれのヴェーダにはいくつかの流派(学派)があります。
 
各ヴェーダは4つの部分からなっています。サムヒター(本集)、ブラーフマナ(祭事書)、アーラニャカ(森林書)、ウパニシャド(奥義書)です。主にサムヒターに含まれるものがマントラと言われるものです。4つのヴェーダのマントラを合わせると2万以上の数になります。

これらのヴェーダのマントラの認知者であるリシは400人以上が知られています。有名なガーヤトリー・マントラのリシは、ヴィシヴァーミトラ家のガーティナという聖者です。
 
ヴェーダは大きく分けると、祭事部(karma-kaanda)と知識部(jnaana-kaanda)に分けられます。前者は祭祀を説く部分で、サムヒターとブラーフマナです。後者は哲学的な側面であるウパニシャッドやアーラニャカなどです。それぞれカルマ・ミーマームサー哲学とヴェーダーンタ哲学へと発展していきました。

 4つのヴェーダ・サムヒターは紀元前1200年頃〜同800年ごろの間に編纂されたとされています。それ以前は、文字としては存在せず人の記憶にあったといいます。ヴェーダを編纂した人はヴャーサです。ブラフマナ、アーラニャカ、ウパニシャドはサムヒター以降に順次編纂されたものです。したがって、ヴェーダ、中でもリグヴェーダのマントラが最も古いものとなります。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

clock

サイト内検索

Link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Concise Sanskrit-English Dictionary
Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

「サンスクリット−英語」ポケット辞書

recommend

A Sanskrit-English Dictionary
A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
M.Monier- Williams
MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

recommend

The Practical Sanskrit-English Dictionary
The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
Vaman Shivram
APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

recommend

Students English Sanskrit Dictionary
Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
V. S. Apte
APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

基本梵英和辞典
基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
B.B. ヴィディヤランカール
サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

recommend

解説ヨーガ・スートラ
解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
佐保田 鶴治
聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

recommend

VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

recommend

シカゴ講演集
シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

recommend

ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

recommend

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

recommend

ウパニシャッド (講談社学術文庫)
ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 直四郎
ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM