震災ボランティア体験レポート(1) 石巻市

  • 2011.05.18 Wednesday
  • 22:23
 1.説明会に参加

  東日本大震災から50日が経過した4月30日、京王線幡ヶ谷駅近くのJICAで行われた、「現地支援ボランティア」の説明会に参加した。震災津波災害で悲惨な状況を報道で見るにつれ、何かできないかと思いネットでチェックしていた。なかなか個人で現地に行くには難しい状況だった。

 ピースボートが主催しているボランティア派遣の案内を見つけたのが4月に入ってから。なかなか日程が合わずようやく前述の説明会に参加することができた。このNGOでは既に1週間単位のボランティア派遣を3月下旬ごろから行っている。

 会場となった体育館には400人ほどの参加者であふれかえっていた。20代、30代の男女が多かったが、50代、60代の人たちもいた。現地の様子や注意事項がひととおり説明された後、次の金曜日から参加できる人だけが残りオリエンテーションを受け、6人のチームを参加者の自由意思で組むことになった。20代から40代の中で私は最年長であった。このメンバーでそのまま現地で活動することになると言う。

 現地での仕事は、清掃、炊き出し調理、炊き出し配布、支援物資の生理・配布、風呂運営の手伝い、非難所ケアなどである。主に清掃作業に従事することになる。


2.準備

 指示された持参品をネットやショップで購入した。テント、寝袋、ヘルメット、防塵マスク、ゴーグル、長靴、ヤッケ、食料、そのほか諸々の必要品。ネットで探せば安く手に入るものも多い。今回限りで使わないのであればそこそこの出費なので、経済状況では躊躇する人もいるかもしれないが、どうせ今後のために持っておいてもいいものだと思い買った。実際は、私が参加した場所ではテントは必要なかった。リュックサックは地人に借りた。しかしそろえてみると結構な量になった。

 amazonyahoorakutenなどのアウトドア用品や防災グッズコーナーで手に入る。またワークマンドンキホーテ東急ハンズなどのチェーンショップや西新宿には萬年屋という防災用品専門店もある。⇒服装などの参考例


3.出発当日

 汗を書きながら出発点となる都庁裏の新宿中央公園に向かった。すべて自己完結と言うことだったので多めに持ってきたのでなかなかの重さである。水は現地で供給されるが最低2リットルは持ってきてほしいとのことだったので、欲張って8リットルも持ってきたのでそれが重かった。

 集合は21時15分である。早めに行きすぎて誰もいなかった。時間とともに人が集まり、最終的には大型バス5台で170人ほどが集まった。そろったらグループからバスに乗り込んだ。22時ごろ出発。今回の支援活動の場所となる宮城県石巻市までバスは出発した。


4.現地到着

 石巻市は16万人ほどの人口の町だ。石原軍団が炊き出しをしたところでもある。最も多くの死者を出したところでもある。死者2879人、行方不明2770人、避難者10711人、非難所数113である(4月27日現在)。


 移動する車内で夜を過ごし、朝の8時時頃には現地に着いた。拠点となる会場は、石巻専修大学のキャンパスと市内になる老舗の料亭である。この料亭も被災したがボランティアにより徐々に片付きオーナーの好意でそこにも宿泊できるようになったということだ。




 大学のキャンパスには自衛隊のテントのほかにボランティアのひとたちのテントが所狭しと並んでいた。そこで是認降りて、集合し現地の担当者から注意事項の説明を受けた。リーダーと言われる人も既に先に来て活動をしていた人で残っている人たちが順に引き継ぎ行っている。組織というよりは、同じ思いで集まった先陣のボランティアが今回到着したボランティアをまとめている形だ。


 私は、キャンパスではなく料亭2階の和室に宿泊するグループに入った。ここには40人近くが男女に分かれてふた部屋に雑魚寝する。既に述べたように、このため、テントは必要なくなった。おかげで畳の上に寝袋を置いて寝ることができたのは楽だった。テントでの宿泊グループは風で倒れたり、飛ばされたり、雨でぬれたりと大変な人もあったようだ。

 活動拠点となった料亭は被災地の真ん中にある。ボランティアにより清掃され正面からはきれいに見える。





 周囲には到る処に津波の傷跡が残る。海から2KMほどいった北上川沿いで、しかも川からは100メートルほど入ったところだ。それにも関らず、このとおりりもめちゃめちゃに壊れている。いたるところに車が大破している。どこも一階部分はどうしようもない状態だ。きれいに見えても家の中は瓦礫や泥で一杯。














 木造の古い建物は壊れ、鉄筋コンクリートなどの建物は形をとどめているが、1階部分は壊れ、部屋の中までどこから流れてきたか分からないようながれきでいっぱいである。水のエネルギーの凄まじさが分かる。町全体が2,3メートル水につかるほどだったという。














 少しずつ清掃が進み、家の中から持ち出された瓦礫や家財道具は家の外に運び出されうず高く積まれている。











 津波が直撃した場所ではない。しかし、津波により川が増水し、両岸を超えて町中がその水の勢いに飲み込まれた。海から3,4KM上流の川沿いまで水の勢いは衰えていない。ドーム型の建物は石の森漫画館である。





 橋は手すりは歪み、ひどい状況だが、構造的には問題ないようで、車も走り、人も普通に渡っていた。




 満潮時と言うこともあり、また地盤が沈下したこともあり、川と地面の高さがほとんど同じで、水が冠水しているところもある。




 多くの漁船もまた水が引いた後も町の中まで打ち上げられ、残されたままだ。





 



 
 夜、交差点には自家発電の電灯が音を立てながらこうこうと灯っていた。 



 JRは開通し、バスも通り、駅前どおりは普段の様子を取り戻しているようだった。ただまだまだシャッターが閉まっている店が大半だ。


 震災から二ヵ月経った今も、町はかなり整理、清掃されたものの、復興にはほどとおいような状況に思えた。周囲の町にも居住者はいないように見える。

 ただここは海岸線にある壊滅的な被害を受けた場所ではない。後にそのひどい状況を見ることになる。現地に到着後、午後からは早速、清掃作業が始まる。(続く)



JUGEMテーマ:ボランティア
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

clock

サイト内検索

Link

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Concise Sanskrit-English Dictionary
Concise Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)

「サンスクリット−英語」ポケット辞書

recommend

A Sanskrit-English Dictionary
A Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
M.Monier- Williams
MONIER版の「サンスクリット−英語」辞書

recommend

The Practical Sanskrit-English Dictionary
The Practical Sanskrit-English Dictionary (JUGEMレビュー »)
Vaman Shivram
APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版

recommend

Students English Sanskrit Dictionary
Students English Sanskrit Dictionary (JUGEMレビュー »)
V. S. Apte
APTEの「サンスクリット−英語」辞書プラクティカル版の簡易版

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

基本梵英和辞典
基本梵英和辞典 (JUGEMレビュー »)
B.B. ヴィディヤランカール
サンスクリット語を学ぶ人必携の書。デーヴァナーガリー文字、英語、日本語の意味がかかれている。

recommend

解説ヨーガ・スートラ
解説ヨーガ・スートラ (JUGEMレビュー »)
佐保田 鶴治
聖人パタンジャリのヨーガ体系の叡智の結晶。深遠な知識が満載。ヨーガを実践する人は必携。

recommend

VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants-
VEDA LILA-The Miracle of Vedic Chants- (JUGEMレビュー »)

トウドウによるサンスクリット語のサーマヴェーダ聖典詠唱CD。パーカッション、リジュリドゥなどとのコラボレーションも入っている。

recommend

シカゴ講演集
シカゴ講演集 (JUGEMレビュー »)
スワミ・ヴィヴェーカーナンダ
ヴィヴェーカーナンダによる感動的なシカゴの世界宗教者会議での講演集

recommend

ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫)
ジャータカ物語―インドの古いおはなし (岩波少年文庫) (JUGEMレビュー »)

お釈迦様の前世の物語集。分かりやすく人生にいろいろと指針や気づきを与えてくれる。

recommend

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)

お釈迦様の言葉。ひとつひとつの言葉が心に深く入ってくる。

recommend

ウパニシャッド (講談社学術文庫)
ウパニシャッド (講談社学術文庫) (JUGEMレビュー »)
辻 直四郎
ヴェーダの叡智の集成。人生の真理を学ぶために必須の図書。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM